お品書き

酒、焼酎(各地の酒)

真澄

600円

長野県/宮坂醸造株式会社 吟醸 15度

日本一美味いお燗酒”を目指して。
「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で「本醸造酒」部門金賞を受賞。
飲み方/◎冷酒・◎常温・◎燗酒

越乃寒梅

900円

新潟県 石本酒造
上立ち香はほのかな芳香族で、梨のようにも感じる香り。含むと越乃寒梅に感じていたイメージ(当たりの優しいスッキリ薄味)に反して、しっかりとしたファーストアタックを感じる。

久保田 萬寿

1000円

  新潟県 朝日酒造
上立ち香は、ほんのり心地よく香る程度。含むと上立ち香よりややしっかりした含み香があり、味わいは非常にクリアな印象。中盤がクリアなだけに後半の引けもよく、飲み終わった後に「あれ?今何を飲んだっけ?(痴呆症ではない!)
」と思えるほど。

南部美人

1000円
岩手県 蔵元
全体的にやや辛口の純米酒ですが、果実味のある香りと上品でふくよかな米の旨みが味わいにふくらみを持たせ、後味もスッキリ。料理との相性が幅広く、食中に楽しめる純米酒に仕上がっています。

ダバダ火振

500円
 無手無冠
人気の栗焼酎“ダバダ火振”は高知市内から車で2時間半ほどの自然豊かな大正町で造られています。ダバダ火振りとは四万十川の伝統的鮎漁法「火振り漁」と山里の交流の場であった「駄馬(だば)」に因んだネーミングです。町おこしをきっかけとして生まれたダバダ火振は地元産の栗をふんだんに50%も使用しています。低温蒸留により、クセのないまろやかな味わいで、後からジワリと口中に広がる栗のほのかな甘さが特徴です。ただ現在は人気急上昇で入手困難な栗焼酎です。

天使の誘惑

600円
(芋)  鹿児島県 西酒造
樫樽と、シェリー樽に長期貯蔵した焼酎。
樽の中の年月が、無色透明な芋焼酎をブランデーを思わせるような色・味わいへと変化させた。
何も知らずに飲めば、目の前の琥珀の液体が「芋焼酎」であると気づく人は少ないでしょう。
度数は高いですが、ロックでちびちびやりたい。
本当に、焼酎の世界って奥が深いな~って思わせる銘柄。
「普段はウィスキーやブランデーを飲んでるよ!」っていう方にも飲んでいただきたい焼酎です。
この焼酎と百年の孤独はいろんな意味で焼酎について考えさせられる銘柄です・・・。

百年の孤独

800円

麦焼酎
原産 宮崎
蔵元 黒木本店(尾鈴山蒸留所) 大麦製の焼酎を樫樽にて長期間貯蔵し熟成させることによって造り上げた本格焼酎。皇太子殿下もご愛飲されているという噂の幻の麦焼酎で、アルコール度数は40度、淡い琥珀色でウイスキーを思わせる風味。名前はノーベル文学賞を受賞したコロンビアの作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの小説「百年の孤独」に由来。宮崎県のアンテナショップや、一部の高島屋で店頭抽選販売が行われている。

魔王

900円

麦焼酎
原産 宮崎 蔵元 黒木本店(尾鈴山蒸留所)

大麦製の焼酎を樫樽にて長期間貯蔵し熟成させることによって造り上げた本格焼酎。皇太子殿下もご愛飲されているという噂の幻の麦焼酎で、アルコール度数は40度、淡い琥珀色でウイスキーを思わせる風味。名前はノーベル文学賞を受賞したコロンビアの作家ガブリエル・ガルシア=マルケスの小説「百年の孤独」に由来。宮崎県のアンテナショップや、一部の高島屋で店頭抽選販売が行われている。

森伊蔵

1600円
芋焼酎 原産 鹿児島 蔵元 森伊蔵酒造

契約栽培の黄金千貫をかめ壺で熟成発酵させ、丁寧に蒸留される旨味あるきめ細やかな味わいで、入手困難な幻の芋焼酎。毎月抽選販売されるが、応募の電話が24時間繋がらない状況もある。森伊蔵を3年寝かせた極上森伊蔵や10年寝かせた楽酔喜酒、西郷隆盛翁に実際に献上したと言われる幻の焼酎など、森伊蔵のさらなるプレミアム焼酎がある。

一ノ蔵

600円
宮城県
南部杜氏の技が生きる手造りの酒を醸し続ける酒質の安定度は抜群 無鑑査シリ-ズ
低アルコ-ル 発泡酒など 酒のあり方を問う気品ある姿勢が味に生きる

十四代

800円
山形県 高木酒造(株)
山形の高木酒造の日本酒、十四代。
まろやかで上品な味。
どんな料理にもあうオールマイティーな一本です。

梅錦

600円
山川株式会社 愛媛
「梅錦」は、その中に、長い時間に磨かれた伝統の技、高い品質を守るための技術、そして多くの人間の酒づくりへの想いが生きている日本酒。しかも「今」という時代を呼吸する日本酒でもあります。
 梅錦だから、つくれる日本酒。梅錦にしか、つくれない日本酒。一本では語りつくせない酒が、ここにあります。

雪中梅

900円
丸山酒造場 新潟
雪中梅本醸造は、自然を大切にする蔵元が、蔵の裏手の里山から湧き出る水を使用して、丁寧に造ったお酒です。やや甘口のやわらかい味わいです。

八海山

800円

(株)八海山 新潟県
精米歩合50%と大吟なみにお米を磨き醸したこの酒はしっかりとしたコクがあり八海山の基本である『何杯でも飲める飲み飽きない酒』のコンセプトに一番近い酒です。

 

田酒

800円
(株)西田酒造 青森県
さらりとしていながらも旨味もこくも厚みも繊細さも
感じられバランスよく クセなく これぞ大吟醸と言わせる1本です。

尾瀬の雪どけ

600円
龍神酒造(株)群馬県
やさしく広がる芳香と、スッキリとした中にも米本来の旨味が心地良く、冷やでも燗でも冴える高品質の酒。

くどき上手

600円
亀の井酒造(株)山形県
ミルクのような甘みのあるクリーミーな香り、厚みのある芳醇な米の旨味が心地よく広がりながらとても上品な口あたりです。封を切って時間が経つにつれより深みのある味わいになっていきます。

村尾

1000円
鹿児島県 村尾酒造
本格芋焼酎
村尾は選別した、良質なカラふイモを使って仕込みじっくりと熟成させた本格長期熟成焼酎です。ストレート、オン・ザ・ロック、お湯割りとどの飲み方にしても、旨味と力強さ、また口の中に広がる柔らかな味わいほのかな余韻を残しつつ、鋭くキレる透明感のある後味が魅力的な焼酎です。

ひとり歩き

500円

古澤醸造 宮崎県

※芋の特徴を生かした軽快で柔らかい飲み口 ライトな夜にお薦め!

 

1